スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - | ↑TOP
坪田(日和)聖子×馬場隆志  「書と陶芸 二人展」
 只今、ガレリアプントでは 坪田(日和)×馬場隆志 「書と陶芸 二人展」を開催中です。


坪田(日和)聖子 「拈華微笑」 




坪田(日和)聖子 「月下美人」



馬場隆志 







坪田さんの展覧会のテーマは「今伝えたい10の言葉」 今の坪田さんの思いを込めたとの事

馬場さんのテーマは「器」 器を通じて日常生活が豊かになったら嬉しいですとの事。

期間中はお二人とも在廊して頂けます。

最終日は29日(月) 17時までとなっております。

ご来場お待ちしております。

| EXHIBITION | 14:40 | - | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
落語会のお知らせ
第3回  桂そうば岡山落語会第3回
        〜三度目の正直〜

     
  桂そうば(落語2席)              桂わかば
お問い合せ→ガレリアプント(086)224-0376


予約の受付(そうばメール)→irebaokuba@yahoo.co.jp
11月27日(土)
14:00 会場
14:30 開演
ガレリアプントにて
木戸銭 ¥2000
先着 50名様まで

ご来場お待ちしてます!
| おしらせ | 14:29 | - | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
休廊のお知らせ

明日19日より、ガレリアプントを1ヵ月ほどお休みさせて頂く事になりました。

突然で申し訳ありません。

次の展覧会は11月の第三週目を予定しております。

よろしくお願い致します。

                           ガレリアプント

| おしらせ | 18:31 | - | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
鄭 継深 ガラス展 開催中!

鄭さんの作品制作は、色板ガラスや色棒ガラスを切断し、平面に並べ、電気炉で焼成し、溶かし合わせる”フュージング&スランピング”という技法を使用しています。

今回のコンセプトである”ガラスが放つ光、色彩と日常空間との響き合い”を間近で感じることが出来ます。




鄭さんの在廊日は、17(日) 18(月) となっております。

ご本人とお話できるチャンスです!






| EXHIBITION | 15:00 | - | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
池田昌一 陶造形 陰翳がつくる印象 開催中
 2日より「池田晶一 陶造形 陰翳がつくる印象」展を開催しております。
プントでは5回目の個展となります。




作品名 「光と風がつくる形」 

実際に座って頂くことができます。



今回は花器やフーリーカップも展示されています。

このなみなみ感が実に気持ちいいのです。



作品名 「天使の椅子」

今回のキーワード「陰翳]をじっくり堪能していただける作品です。
ぜひお越しください。


| EXHIBITION | 17:07 | - | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
ラディックプレディギエル 『TO BE』 開催中
 ラディック・プレディギエルよる絵画展『TO BE』もあと二日となりました。



プントでの個展は4回目となりますが、作家の技量と感性の高さを感じさせられる作品が多く展示されています。
















ラディックさん出身であるポーランド独特のカラフルな色彩で楽しませてくれます。








昨年にはニューファミリーも増え、微笑ましい作品も描かれています。








デッサンもダイナミックでありながら、ユーモラスで見る人をひきつけます。

ラディックさんも在廊していますので、是非おこしください。

| EXHIBITION | 12:34 | - | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
元永紅子展開催中
プントでは2回目となります、 元永紅子さんの個展を開催しております。


「アクリル絵具をビニール袋に入れ、一本ずつ細く絞り出して線を引くという手法をとっています。線を引く一定の法則は決めますが絞り出す作業に集中し、なるべく作為的にならない様に画面を構成していきます。今展では地色にも変化をもたせて、絞り出す線の数や凹凸、見る角度によって変化する色の効果をねらっています。」

と、元永さんにその手法を教えていただきました。










引かれた線が繊維のように絡み、凹凸と線の間隔が地の色と合わさり立体的なグラデーションが
作品を際立たせています。










壁面に展示されているカラフルで様々な形のブローチ
こちらも同じ手法で制作されています。


元永さんの凛とした作品とその空間を是非感じてください。



■作家名 元永紅子  

■タイトル 『元永紅子展』

日時 201092()913() 火曜日休廊

11001900(最終日:〜1700)




| EXHIBITION | 17:09 | - | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
―備前陶心会―渡邊琢磨 特集
 

けらもすのメンバーの一人、渡邊琢磨さんが天満屋5階の画廊アートスペースにて展示を行われます。
お近くにお越しの際には、是非お立ち寄りください。

           
                 ―備前陶心会―
              渡邊琢磨 特集
   
      会期:2010年9月1日(水)〜7日(火)
            最終日は午後4時に閉場
       
       
会場:天満屋岡山店5階 画廊アートスペース
| おしらせ | 12:06 | - | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
森田陽子 『土から生まれて手のひらに』
兵庫県在住の作家、森田陽子さんによる作陶展
『土から生まれて手のひらに』
開催中です。

「やきものは「手」を道具として基本の形を与えられ、器という機能は勿論のこと、「手」のつくるラインや「手+火」でつくられた色味や手ざわりを手肌で感じ、何かしら心に響くものがあれば。。。と思います」

森田さんからの手が作り出された作品は、どれも丁寧で色彩のバリエーションに目をひかれます。
また、手に取るととても軽く、形も優しい印象をうけました。



鳥、葉、蝶をモチーフとした花器




中のすみれ色が鮮やかなどらばち













大人の茶色、グレー、浅黄色、すみれ色、水浅葱、ももいろ
様々な器たち




ももいろと水浅葱色の急須

中まで丁寧に仕上げてあります。


「やわらかなラインや手ざわりを大切に、優しいけれど凛とした、そんな器がつくっていければ。。。
と思い、制作しています。」

その思いから森田さんの手によってつくり出されたうつわを手にとってご覧ください。


| EXHIBITION | 16:49 | - | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
森田 陽子 『土から生まれて手のひらに』
 8月25日(水)から陶芸家・森田陽子さんによる『土から生まれて手のひらに』を開催します。

PUNTO初個展です。



白磁器から淡いピンク、すみれ色、グレーなど様々な色彩が印象的な器がメインの作陶展です。

是非、御来廊ください。


■作家名 森田陽子
■『土から生まれて手のひらに』
■2010年8月25日(水)〜10月30日(月)
 11:00〜19:00(最終日:〜17:00)   会期中無休
| EXHIBITION | 16:44 | comments(12) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PR
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE